Relation 新機能アップデートのお知らせ

人気テーマ「Relation」に新たな機能が追加されました!

コレクションブロック(画像によるカテゴリー一覧ブロック)

カテゴリーコレクションとは、簡単にはトップページにリンク付き画像を並べる機能です。どんな利用方法も可能ですが、特に画像バナーを利用したカテゴリー一覧として活用できます。
バナー数は最大6つまで自由に設定でき、いくつであってもフレキシブルにレイアウトできるようになっています。 例えばカテゴリー4つを掲載したい場合、6つの場合、どちらでもフィットするように。 さらに奇数偶数によっても最適な並べ方は異なってきます。

GoogleMapブロック

Relationトップページのブロックの1つとして、グーグルマップを埋め込むことができるようになりました!地図カラーはお好みで選択、地図の下にアクセス方法などの説明文を追加できます。
また、Aboutページを利用している場合は同じ地図をAboutページにも表示させることもできます。

その他、Google Search Consoleにてサイトの所有権確認を行う場合に便利な機能など、その他、細かい改善を行っています。 機能詳細はマニュアルにて すでにRelationをご利用いただいているショップオーナー様は、ぜひ改めてマニュアルをチェックしてください。
https://basedesign.info/relation/manual.php Relationでは常に細かなアップデートを行なっていますが、今回はショップオーナー様からのフィードバックなどから新機能を追加した大型アップデートとなります。 これまでに上記のような機能追加を目的に、HTML編集を行なってカスタマイズされているショップ様の場合、新機能をチェックしていただき、もし要件を満たしていれば「Relation」に戻してご利用いただくことも可能です。



デザインテーマのプレビューはこちらから

https://design.thebase.in/detail/76

UNVIERSE 新機能アップデートのお知らせ

BASE人気テーマ「UNVIERSE」では、更に魅力的なショップデザインができる新機能が追加されました。

  • カテゴリーコレクション機能
  • メイン画像にスマホ用の縦画像の設定機能を追加
  • 画用ドットフィルターのオプションを追加
  • トップページの商品を無限読み込み式に切り替えるオプションを追加
  • Google Search Consoleのメタタグ設定欄を追加

カテゴリーコレクション

カテゴリーコレクションとは、簡単にはトップページにリンク付き画像を並べる機能です。どんな利用方法も可能ですが、特に画像バナーを利用したカテゴリー一覧として活用できます。
他のデザインテーマでも実装されている機能ですが、UNIVERSEでは画像の数を固定せず、ショップがその時必要な画像数応じてフレキシブルにレイアウトできるようになっています。 例えばカテゴリー4つを掲載したい場合、6つの場合、どちらでもフィットするように。 さらに奇数偶数によっても最適な並べ方は異なってきます。 また画像一覧をボックス型に並べたり、横幅100%で思い切り大きく並べることもできます。すでにUNIVERSEをご利用のショップオーナー様はもちろん、ご検討中の方もぜひデザインプレビューでチェックしてみてください

メイン画像にスマホ用の縦画像の設定機能

UNVIERSEではフルスクリーンに近い大きなビジュアルイメージスライダーが特徴的です。 このビジュアルはレスポンシブデザインになっており、PC、タブレット、スマホなど様々な画面サイズに自動的に伸縮して表示できますが、PCなどに比べ、極端に縦長となるスマホ縦表示では、どうしても画像の左右が見切れることになります。 これに対応する設定項目「スマホでの寄せ方設定」が用意されていますが、さらに「スマホ縦の時だけの画像」を設定できるようになりました。最初から縦長画像を用意することで、スマホでのビジュアルイメージをさらに意図した通りに実現できます。
その他、従来の機能のオプション追加など、さらに多様な設定ができるようになりました! 新機能の詳細はマニュアルにて「new」マークをつけて解説しています。
UNIVERSE ユーザーマニュアル:https://basedesign.info/universe/



これまでに上記のような機能追加を目的に、HTML編集を行なってカスタマイズされているショップ様の場合、新機能をチェックしていただき、もし要件を満たしていれば「UNIVERSE」に戻してご利用いただくことも可能です。 ※ 購入したテーマは「UNIVERSE」として保管されており常に最新版に自動アップデートされます。

「UNIVERSE」のプレビューはこちらから

https://design.thebase.in/detail/52

メールマガジンAppへの対応について

2022年1月17日(月)に、「メールマガジン App」の追加機能がリリースされました! これにより、ショップページにメールマガジン登録フォームを設置できるようになり、まだ購入したことがないお客様にもメールマガジンを送れます。

公式ページの案内にある通り、「BASE デザインマーケット」で販売されているデザインテーマでは開発者がアップデート作業を行い順次、対応アップデートにてご利用いただけるようになります。

「Relation」「UNIVERSE」「Landscape」「Handmade」「Masterpiece」「fragrant」でも、もちろん全て対応していきます。

新しい機能の仕様確認、実装開発、テスト、審査を経て、順次アップデートとなりますので、どうかしばらくお待ちください。 どうぞよろしくお願いいたします。

更新情報

  • UNVIERSE:2022.01.19 対応完了
  • Relation:2022.01.28 対応完了
  • Landscape:2022.02.03 対応完了
  • Masterpiece:2022.02.02 対応完了
  • Handmade:2022.02.02 対応完了
  • fragrant:2022.02.02 対応完了

お知らせバナーAppに対応

2021/12/16 BASEより新機能「お知らせバナー App」がリリースされました。
新機能「お知らせバナー App」の提供を開始いたしました

対応状況

提供中のデザインテーマ「Relation」「UNIVERSE」「LANDSCAPE」「MASTERPIECE」「HANDMADE」「FRAGRANT」でもお知らせバナーAppへの対応が完了しております。

どんな時に使うの?

このAppの目的は「ショップへアクセスした時に、一番最初に目に入る上位部分に訴求したい情報を表示する」ということです。 BASEオフィシャルテーマでは元々シンプルな構造になっているため、このAppを利用することで他の情報と大きく差別化して表示することができると思います。

元々デザイン的に多くの工夫が施されたデザインテーマでは、元々のデザインオプション機能として類似の表示機能がある場合もあるかと思います。例えば、UNIVERSEではトップメイン画像と一緒に特集バナーとしてお知らせが表示できる機能がそれに似たものとなります。(クーポンコード表示に使用する例→ https://universe.base.ec/

しかしこの「お知らせバナーApp」では、デザイン的なバランスよりも「必ず画面上部に表示する」「デザインも決められている」という条件に則って最優先に表示されるように対応しています。

その為、「お客様には絶対に知って欲しい」という情報があればとても効果的な見せ方になっています。

情報に優先順位を

ショップデザインで常に陥りがちな過ちとして、「どれもこれも見て欲しい」→ 「目立ったせようとしているものがあちこちにある」→ 「結果的にごちゃごちゃとして、どれが重要な情報かわからなくなる」ということがあります。

いつも情報の優先順位を考え、重要なニュースがある時、季節テーマの特集がある時、特に売り出し中の商品がある時、それぞれアクセスした時に目に入っていくる情報を絞り込み、訪問者が迷わないようなショップを作りましょう!

カテゴリーヘッダー画像機能を追加 📸

ショップのデザイン上、「カテゴリーごとに綺麗なビジュアルイメージを設定したい」と思うことはありませんか?

BASEでは、カテゴリーAppの仕組みとして、「カテゴリーごとに画像を設定する」という機能は存在していません。この度、私たちのテーマ独自の方法でカテゴリーヘッダーの機能をリリースしました。これまで実現できなかった機能ですが、たくさんのご要望を受けてなんとか実現しました!

まずは「UNIVERSE」からリリースしていますので、ご利用いただいているショップさまはぜひチェックしてみてください。

デモサイト1:https://universe.base.ec (カテゴリーページをご覧ください)
デモサイト2:https://universedemo.base.ec (カテゴリーページをご覧ください)

カテゴリーページに、カテゴリーごとのヘッダー画像を追加
ヘッダー画像のレイアウトデザインを2パターンから選ぶことができます
  • カテゴリー画像は8つまで設定できます。大中小カテゴリーの総数が8つを超える場合、中小カテゴリーは大カテゴリーと共通画像にする、といった方法でも設定できます。
  • カテゴリーヘッダーのレイアウトは2パターンから選択できます。
  • 設定には少し細かい作業が必要ですので必ずマニュアルをご確認ください。

UNVIERSE新機能『ショップコンセプト』追加

全てのテーマは定期的にアップデートを行い、BASEの新サービスへの対応、新たに見つかった不具合の解消などを行っています。 テーマ「UNVIERSE」の2021年8月のアップデートにて『ショップコンセプト』の機能が追加されました。 突然商品一覧が表示されるより『まずはお店のコンセプトや想いを伝えたい』という声に応え、より良いテーマを目指したアップデートとなります。 テーマ設定にて簡単に設定できますのでぜひご利用ください。 UNIVERSEマニュアル:https://basedesign.info/universe/
メイン画像下、お知らせの上に、写真+紹介テキストのレイアウトブロックが追加されます。

BASEに連携できるSNSの種類が増えました!

連携できるSNSの種類が増えた!

これまでは下記のSNSが連携できるようになっていましたが、
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Ameba
  • LINE
新しく
  • Youtube
  • note
  • TikTok
が連携できるようになりました! デザインテーマでは連携したSNSアイコンがサイドバーなどに表示されますが、今後のアップデートにて追加SNSも表示されるようになりますので、しばらくお待ちくださいませ。 ※画像はBASEお知らせメールより引用

質問のしかた

質問したい

まず質問一覧から同じ質問があるかどうか探してみてください。過去に同じ質問があれば、そのページを読むだけで解決するかもしれません。
「質問一覧」ではすべての質問を新しい順に一覧することができます。右の「質問カテゴリー」からテーマ名を選ぶと、そのテーマに関する質問だけを見ることができます。

全く新しい質問がある場合、「新しく質問する」から質問を投稿できます。
タイトルは、あとから見た人がタイトルだけで何の話題かすぐに分かるようなものにしてください。
本文欄には問題の内容をできるだけ具体的に説明し、その事象が見られるURL、パソコンやスマホの利用環境を添えてください。カテゴリーには該当するテーマ名を選びます。タグは空欄でも構いません。

解決策を知っている質問を見つけたら

誰でも回答者として質問に答えてあげることができます。
その質問ページの一番下にある「回答する」から回答や助言を投稿できます。
アカウントをお持ちでない場合、「質問する」に進んでアカウントを作成すると「回答する」機能が表示されます。

フォロー機能でチェックする

自分が投稿した質問については、回答やコメントがあれば登録メールアドレスに通知されます。
また、誰かの質問でも興味がある場合、質問ページにある「購読する」にチェックを入れておけば、何か動きがあったら通知されます。

他のテーマのことでもいいですか?

BASE Design info はBASE DESIGN MARKET の有料テーマ「LANDSCAPE / MASTERPIECE / HANDMADE / FRAGRANT」の開発チームによって運営されています。これらのテーマについてはメンバーが確認でき次第できるだけ早く回答しています。

その他のテーマ、またBASEのカスタマイズ全般について質問していただいても構いません。しかし「分かる人がいれば回答があるかもしれない」という形になりますのでご了承ください。メンバーからもできるだけフォローをしたいと思います。

BASE全般の質問については、BASE公式のノウハウ集「BASE U」が便利です。

BASE U

フロントページ

BASE Design infoを開設しました

BASEデザインテンプレートの助け合いフォーラム「BASE Design info」を開設しました。

  1. 疑問や質問を共有することで、できるだけ早く問題を解決できるようにする
  2. 解決例を蓄積して共有することで、困ったときにすぐに参考にできるようにする

「LANDSCAPE / MASTERPIECE / HANDMADE / FRAGRANT」の開発チームによって運営されています。これらのテーマについてはメンバーが確認でき次第できるだけ早く回答しています。

※これまでにあった質問を「サポートアーカイブ」として投稿しています。
※BASEのその他のテーマについて質問していただいても構いません。しかし「分かる人がいれば回答があるかもしれない」という形になります。